経済は大事、健康も大事。アクセルを踏みながらブレーキを踏む

 マスコミは日本各地での武漢ウイルス(いわゆる新型コロナウイルス)の感染者数が増えていると喧伝している。特にそれが顕著な北海道では、そこの医師会会長が医療崩壊のおそれが高まった等と危機感を表しているという。

 私はこのニュースを見て滑稽だと思い、それと同時に怒りを覚えた。その理由は以下の2つだ。

武漢ウイルスが指定感染症第2類に指定されているため、病院が感染を防ぐべく第2類以上の防護対策を行なっている。また、PCR検査で無症状である陽性者さえ病院に入院させている。彼が言うべきは「これらが医療現場を圧迫している!そのレベルを下げて!」だ。「Go to  トラベルで北海道に来ないで!」ではないはずだ。

・このGo to トラベル批判と自粛要請に近い表現は、物理的に休業や心理的に影響を与え、経済活動を停滞させることに繋がる。

 感染が一様に増えているわけではない。増加率に偏りがあるはず。そこへの対策を行えば良い。ニュースやネットを調べればどこの場所で増えているかわかる。

 武漢ウイルスが新型コロナウイルスと言われても、挙動は普通のウイルスと同じだ。宮沢孝幸さんのYouTubeチャンネルや研究室のサイト京都大学ウイルス研究所 進化ウイルス研究領域 宮沢孝幸研究室 - 京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 ウイルス共進化分野 宮沢研究室を読めば理解が早い。ウイルスが1個や100個ぐらい体に入ったところで感染しない。体の免疫がそれをやっつける。感染するには量が必要だ。

 この文章だけ読むと対策をおろそかにしても良いと思うかもしれない。それは違う。みんなが自分達が出来ることをやることが必要だ。手洗い、うがい、マスク、三密防止。過去の経験からわかることだが、インフルエンザと診断されたら病院に入院しますか?その人との濃厚接触者は無症状でも入院しますか?しない。入院する人は重症な人だけだ。

 2,019年末〜2020年初め、多くの人は今ほどのコロナ対悪を行なっていなかった。この経験や上記を踏まえてわかることは、武漢ウイルスの指定感染症レベルを2から季節性インフルエンザと同様な5に下げ、陽性で症状が出ている高齢者や重症者を入院させれば良い。もちろん一般人は予防を継続する。

 レベルを下げると感染者数を把握しにくくなるから、海外向けに報告できなくなるのが嫌なのかな〜とも邪推してみる。

宗教はカウンセリング

宗教って「心の弱者」がすがるツールだ。人間以外で宗教のような儀式を行っている動物はいない。

よく言われている例えがある。"アメリカ人から宗教を取ったら中国人"と。
その人が何の宗教を信仰していようがどうでもよい。ただ、一つ言いたいことは迷惑な行為、勧誘を断っているのにその後ろを付きまとうことはやめて欲しい。

信者の質が問われますね。

迷惑なマスク警察

世間にはマスク警察と称される人たちがいる。彼らはマスクを付けていない人に注意をする。

このようなニュースを知った。

彼らはマスクの使用のみならず、着用の仕方まで注意をするようだ。

彼らの特徴を推定すると、エゴが強く独善的だ。自分や社会にとってそれが正義だとしても、そのように付けた側の理由を聞くことはしない。

自分の言う通りにしないと絶対許さないマンなマスク警察に対して、口だけマスクマンは見知らぬ人に絡まれて面倒くさいと思ったことだろう。

私から見て鼻にマスクをしていなくてもいいと思う。しゃべったら鼻水が飛ぶのか?黙ってると鼻水が飛ぶのか?飛沫が飛ぶのはたいてい口から。鼻ではない。

私が許せないのは、とある駅から乗る中国人のオバサンだ。マスクを装着しているのに、クシャミをする時だけマスクを外し、口元をおさえずにつばをぶちまける。それを車内でも行う。誰か注意してやれよと思う。私は催涙スプレーをかけられたくない。

iPhoneまたはiPadでdマガジンを読み上げる方法

表題の件について考えた。手順は複雑ではない。用意するのはアプリ3つだけ。

1.dマガジン

2.adobe scan

3.メモアプリ(なんでもよい)

やり方は以下の手順。

1.スクリーンショットを撮る。

2.adobe scanで画像を読み込み、OCR機能で文字認識させ、PDFを作成する。

3.そのPDFの文字をダブルタップして範囲指定し、目的の範囲までコピーする。

4.メモアプリにペーストする。

5.範囲指定で読み上げまたは画面上部から二本指を下ろすことで読み上げを行う。

ながら聴きできることは両手が空いて楽だ。

Twitterの弊害

最近気付いた。思ったことや感じたことをTwitterでツイートすると、ブログを書く頻度が減ってしまうと言うことを。ツイートするとその時の感情を吐き出して満足してしまう。

そこで考えた。Twitterミニブログの代わりとして使うのではなく、広報として使うのが有効だと。また情報収集ツールとしても。

Twitterはフロー型、ブログはストック型。以前からその使い分けを知ってはいたが、まさかこんなに更新頻度が落ちるとは思わなかった。どちらも収益化してはいないのだから特に気にすることもないはずだが。