コロナでわかった各国の民度と統制

 新型コロナウイルスで各国の民度と統制がわかった。

 日本人は衛生習慣が良く、ハグやキスなど濃厚に接触する文化ではなく、自粛というお願いで外出者が激減した。ところが国の対応はグダグダだ。海外からの渡航者制限が非常に遅く、法的にロックダウンできず自粛要請し、特別定額給付金や持続化給付金の対応も遅い。

 アメリカはどうか?欧州と同様、手洗いうがいや毎日風呂に入る習慣はなく、土足で家にあがり、ハグやキスはある。貧富の差はとても大きく、国民皆保険がないので医療が高額であるため、体調が悪くても医療を受けられない人が多い。不法移民問題や人種差別は根強い。国の対応はロックダウンする等の強制力は強く、定額給付金の支給は早かった。

 中国はどうか?衛生習慣の意識は低い。国の対応はロックダウンし、死亡者を複数まとめて火葬場で焼き、数字を隠蔽またはごまかすことで体勢を整えた。

 これらのことからわかるように、日本は民度が高いが、国は緊急事態に弱い。アメリカは複数の問題を内包しており民度は低いが、国の緊急対応は強い。中国も民度が低くチベットウイグルなどで多くの問題を抱えているが、国は緊急対応に強く人権なんてへのかっぱだ。

 いつまでも平常時として構えていてはいけない。今までそれを置き去りにしてきた。もしものことを考え実行することが必要だ。

第2波は大したことないと予想

 世界と比べると日本での新型コロナウイルスの感染者や死亡者はかなり少ない。これを第1波とする。今度第2波が発生することは容易に想像することが出来る。それは第1波で感染しなかった人が感染するからだ。

 しかし、日本においてこの第2波について心配する必要はない。なぜなら、今は第1波に対応した防疫や衛生意識が人々の中で根付いているからだ。日本でこのウイルスによる健康被害が世界と比べて軽微だった理由の可能性は色々ある。例えば衛生習慣、文化、他のワクチンによる交差免疫、遺伝子など挙げられる。

 今年の1〜3月までの衛生意識も医療体制、隔離措置なども今の方が格段に向上している。感染することはおそろしいことではない。そしてゼロリスクにすることは出来ない。私はずっと繰り返している。大事なのは手洗いうがい、こまめな手洗い、体調管理だ。

日本人に科学が足りない

 本当に日本人には科学が足りない。それは座学で良い点数を取れという話ではなく、その知識を実生活に応用するという意味でも。

 納豆が体に良いと聞けば納豆が品切れに、朝バナナダイエットの時はバナナが、トイレットペーパーが無くなるとデマが流れれば店頭から無くなる。

 そんなデマに流される人なんていないだろうと高を括っていると、情弱vs転売屋vs先回りの争いの結果、目的の物が手に入らなくなってしまう。マスクが品薄の時は年寄りが開店前のドラックストア前に並び、開店と同時にそれを買い占めてしまう。

 情報を伝達するはずにマスコミは視聴率を稼ぐために不安をあおり、その番組の目的に沿ったコメンテーターを用意するニュースショー。新型コロナウイルスに関してもそうで、たまにまともな人が医学的にまともな話をするが、それは防疫についてであって、必ずしも経済的な話ではない。

 マスコミは文系に含まれるためか、科学が分かる番組制作者は少ないのだろう。もしくは分かっててやっているのか。テレビは真実ではない。結論ありきの台本通りだ。

 視聴者にとって大切なのはマスコミの情報ではない。それらの嘘を嘘と見抜く目を磨くこと、疑いの目を持つことだ。その一歩として情報源を複数持つこと。それは雑誌でも新聞でもよい。

 国は新型コロナウイルスの感染者数の実数についてわからないと言っている。それに対してテレビのニュースでは都道府県別にその日の感染者数が何人増えましたと報道している。「虎ノ門ニュース」で武田邦彦氏もこの報道について意味がないとおっしゃっている。感染していても発症しなければわからないから感染者数はわからない。病院にかかってそれと診断された人は感染者ではなく、患者と呼ぶべきだと。

 緊急事態宣言を解除した途端、仕事帰りの電車はすぐに混み出した。症状の出ていない感染者が街中に繰り出す頻度が増えるにつれて、感染していなかった人が感染するかもしれないと考えると、第二波、第三波が発生するかもしれないと考えるのは当たり前だ。

 なので、新型コロナウイルスに関して大事なのは感染者数ではなく、それによる重傷者数であり、医療崩壊を起こさないようにそのピークを作らないような医療体制の充実だ。

 一番大事なのは自衛。手洗いうがいで洗浄し、マスクを付けて自分のつばを飛ばさないようにし、人がよく触る所の洗浄をこまめに行う。

日本人はすでに新型コロナウイルスに対する抗体を持ってる説の否定

 タイトルにあるように、その説を否定する。

 もし抗体を日本人が持っているのであれば、なぜ年齢に上になるほど死亡率が増えるのか。若いほど死亡率が低い。

 抗体があるというのはすでにワクチンを打ったというのと同じこと。体の免疫がそれに対する異物をやっつける。

 もし抗体を持ってるのに重症化するというのなら、毎年冬に接種する人が多いインフルエンザワクチンなんて無意味ではないか。

 ワクチン自体の効果は科学的に正しい。だが、今回のこのウイルスに対する日本人がすでに似た抗体を持ってる説は懐疑的だ。長く生きていろんなウイルスに罹患してきたであろう年寄りの方が重症化しやすいことから、インフルエンザの例を挙げるまでもなく、多くの人は気が付くだろう。

コロナ死亡者数を見ると休校反対

 NHKで21時のニュースを見ている。いまだに学校は休校しており、9月の入学を検討している自治体があるとのこと。それを見てがっかりした。

 ごく普通に考えて小学生〜高校生の行動範囲は大人に比べて狭い。8時30分〜15時ぐらいまで生徒は学校に拘束される。朝早く登校し授業を受け、体育で肉体を養い給食を食べ、午後の授業を2時限受ける。クラブ活動と塾通いを避ければ交流関係は特定できる。

 子どもが学校に通っている間、親は自宅が静かになるからテレワークに集中できる。その時間も時短にしたり、フレックスのように家事が終わってから、または夕食を食べ終わってからでも出来る。

 現状考えると休校しているから子どもが自宅にいる。不要不急の外出は控えるようにと言われているから外出はしない。自宅の中で子どもが遊んだりゲームしたりするので、親は彼らの面倒を見るからテレワークどころではない。親のストレスが溜まると家庭内暴力が起きやすい。

 政府による経済的コロナ対策と外交対策はグダグダだが、民間と絡めた医療的対策は抜群に良い。実際のPCR検査数は海外と比べて少ないが、その症状の問診やCT検査によりコロナでない者をはじいている。コロナっぽい人にPCR検査を受けさせているので陽性率は高い。

 日本人にコロナ患者や死亡者が少ない理由は諸説ある。もしかしたら過去にコロナに近いウイルスに感染したことがある人が多いからその免疫が効いているのか、はたまた海外のような不衛生な生活習慣や濃厚接触が少ないからウイルスを落としやすいのか、軽症の患者を病院からホテルあるいは自宅療養に移行したから医療崩壊しなかったのか、結果的に死亡者数が少ない。

 不特定多数の人と接する仕事は感染しやすい。誰が感染しているかわからないし、若者は行動範囲が広く、年寄りは喫煙習慣や飲酒習慣、運動習慣の減少、肉体的衰え等により体が弱っているから悪くなっても症状が出にくい。結果的に重篤になってから判明することが多い。例を挙げると、海外旅行から帰ってきて大学で蔓延させた人もいれば、ゴルフや旅行で遊び回って感染する人、熱が出て疑いがあるにも関わらずゴルフ行ったり出歩く人もいた。

 まとめると、小学校〜高校は閉じた系の中での出来事だから、休校しない方が外部から感染する確率は低いと思う。もし感染するなら大人からだろう。家庭内の親が除菌しきれずに家に持ち込んでしまうか、先生が誰かもしくは物から除菌しきれずに感染してしまうか。インフルエンザと同様、クラスで感染者が出たらその人を休みとして隔離し、複数人出たならその学校だけを休校にするとか、臨機応変に対応すれば済んだ話だと思う。

 もしそれをやるとそれはそれで不満が噴出するだろう。教育の地域格差や受験問題の難易度などに差ができるのではないか!と。なんともない地域で同じ対応するのは変だと思わないのかな?この現状、学校の情報リテラシーの有無と家庭の環境により、教育進度も変わることは普通に考えられるのだと思うのだが。