LUMIXのS9からレンズ選びを考えた

 パナソニックからルミックスS9が発売される。スペックを見ると物欲をそそる内容だった。軽い、安い、高画質(しかもフルサイズ)と言う3拍子が揃っていた。もし私がデジカメを持っていなかったら、レンズ交換式カメラを買う1台目としてはこれにしたことだろう。

 もし私がこれを買ったとして、どのレンズを使おうかと検索した。用途はスナップや家族写真が多いので、単焦点で手頃な価格で小さな焦点距離35〜50mm相当のレンズを選んだ。そしてそれらのレンズを使った作例やレンズをスペック調べた。

リーズナブルな価格のレンズは軽いが、歪曲収差があるためrawで撮ったら補正が必須であり、レンズ開放時のボケ感は私が許容できる綺麗さではない。逆に高くて大きく重いレンズはボケが綺麗な傾向がある。この後者のレンズを使うと、新型カメラの小さく軽い本体のメリットが全くない。

 LUMIXのレンズもコシナのLマウントレンズも私の期待に沿う物はなかった。なので、私はこの買い換えを行うことはやめた。