カメラ、写真

写真をHDR合成するならphotomatixでしょ

写真合成ソフト、photomatixでHDR写真を作るのは楽しい。 明暗差がある複数の写真を合成し、ダイナミックレンジを大幅に広げた写真を作ることができる。 同じ画角で時間差のある複数の写真を合成することで、それらを一枚の写真に組み込むことができる。 仕…

ピュアWプリントのサンプルを取り寄せて気付いたコレジャナイ感

デジカメwatchでピュアWプリントを紹介していた。 普通の写真プリントは片面印刷であり、反射光でプリントを見ることを前提としている。 本題は薄い用紙の両面印刷することで、反射光より透過光で方が見ることを推奨している。 高コントラストなのに諧調が残…

カメラ雑誌CAPAがまた誤解を招く記事を書いた。ボケに関するフルサイズとマイクロフォーサーズについて

今月号のカメラ雑誌CAPAでボケ味の比較について、フルサイズとマイクロフォーサーズを比べている。 興味のある記事なので読んだ。 先月号で指摘した間違いを今月でも書いていて私は驚いた。 結論からいうと撮像素子の大きさはボケの大きさとは関係ない。 問…

カメラ雑誌CAPAが平然と嘘をつく 〜フルサイズ信仰のまやかし〜

カメラ雑誌であるCAPAを読んでいる。 今月号にフルサイズミラーレス特集が載っている。 その中でニコンZ7×藤井智弘とあり、作例と感想を載せている。 その感想文の冒頭を読んで違和感を抱いた。 35ミリフルサイズは、豊かな階調再現や被写界深度を浅くしてボ…

デジタル一眼レフを使う唯一の愉しみは光学ファインダー

デジタル一眼レフを使うか、ミラーレス一眼を使うかお悩みですか? ミラーレスのメリットに関して前回の投稿で書きました。 デジタル一眼レフを使った時の一番の愉しみはありますか? あります! それは大口径で開放がF1.4の明るい単焦点レンズをカメラに付…

私がミラーレス一眼を使うたった一つの理由

ミラーレス一眼の一番のメリットは本体が軽いことだ。 オリンパスやパナソニックは撮像素子がマイクロフォーサーズ規格のため、レンズも小さく済む。 コンパクトデジカメから始まり、デジタル一眼レフ、フィルムカメラ、ミラーレス一眼へ変遷した経験から、…