考えたこと

吉本興業は数打ちゃ当たる戦略〜芸人デビューについて〜

最近のニュースで吉本興業のブラック労働契約が明らかになってきた。 会社は反社会的勢力と付き合うな!コンプライアンスを徹底する!と言う。 その割に支払う給料はとても安い。売れない時はギャラが100円や1000円だったり、芸人と会社の取り分が1対9と言わ…

上司がスナックで二回り年下な女の子にアタックする謎

理解に苦しむことが多い。 上司がスナックで二回り年下な女の子にハマっている。仕事の接待でそのお店を使う事が多く、その子をお気に入りにしている。上司いわくフィーリングが合い、好きだとのこと。同伴して食事行ったり、自腹でブランド品を買い与えたり…

スナックやキャバクラの存在意義

最近、懇親会や暑気払いの絡みで二次会にスナックやキャバクラへ行くことが多い。それは私一人ではなく上司や客先と一緒だ。 再度、お店の存在意義について気付いた。そこは第二のホームグラウンドだ。 仕事での接待の場には適している。密室であるから情報…

ゴルフは手を返さない方が良い!?

日本がガラパゴスなのはiモードだけでなく、ゴルフのフォームもそうみたいだ。 世界標準は手首を返さないんだって! ブルーバックスの板橋繁 著「世界標準のスイングが身につく科学的ゴルフ上達法」を読んでいる。手を返すスイングをやってるのは日本だけ。…

自国を愛することは当たり前

ネトウヨとかパヨクとか関係なく、自国を愛することは当たり前じゃね?自国の国歌を歌うことや自国民を護ることも。それらが好き嫌いではなく、国家における自国民として。 逆に、これらを否定することはどういうこと?自国が嫌い?国歌斉唱したくない?自国…

六本木ヒルズが外資系企業に高く評価されている理由は自前の電力発電

藤井聡さんの「インフラ・イノベーション」を読んでいる。 六本木ヒルズが外資系企業に高く評価されている理由が載っていた。 それは、自前の電力発電システムを持っているからだ。 もしものことがあって東京への電源供給が途絶えて停電しても、六本木ヒルズ…

供給が需要を呼ぶのではなく、需要が供給を呼ぶ

藤井聡さんの「インフラ・イノベーション」を読んでいる。 供給が需要を呼ぶのではなく、需要が供給を呼ぶ。その事を示す実例が載っている。 インフラは国家の土台であり下部構造だ。その対義語はスープラといい、文化や生活などの上部構造だ。 インフラとス…

現代アート、現代美術にも求められる需要と供給

会田誠さんのツイートに対して思う所があったので、私はそこにコメントを書いた。 日本の一般国民が"現代美術に無関心、不信、嫌悪、糾弾"するのはなぜだとお思いですか?現代アートに関する村上隆さんの本を2冊読んだことがあります。現代美術と現代アート…

子どもと接することで親性が高まる

「子どもの脳を傷つける親たち」を読み終わった。 子どもとスキンシップを取るなど接することで親性が高まる。 "子どもを慈しみ、大事に育てようという感情は、生まれながらにしてもっているものではなく、子どもと実際に触れ合うことで喚起され、育っていく…

子どもの脳は親の行動によって歪む

「子どもの脳を傷つける親たち」を読んでいる。 子どもにとって、安心・安全であるはずの両親や養育者、親族からマルトリートメント(不適切な行動)は脅威だ。 子どもはそれから逃げることは出来ない。 子どもはそれらに対してどうするか。 それを感じる脳の…

マルトリートメントという子どもに対する不適切な行動

「子どもの脳を傷つける親たち」を読んでいる。 マルトリートメントという言葉を知った。「マル」は悪い、「トリートメント」は扱い。 親はしつけと称して子どもに善悪を教育するが、その行為が不適切であれば、それはマルトリートメントにあたる。例えば、…

経済学は科学ではない 〜一般人の認識から外れ、しかも誤っている〜

中野剛志さんの「奇跡の経済教室 基礎知識編」を読んでいる。 経済学者って本当にトンデモ理論が好きだよなぁと思った。 一般人の肌感覚として「その金融政策おかしくね?」と思うことを広め行ってきた。 例を挙げる。 ・消費税増税は国内経済から金を吸い上…

国が時間外労働を規制する意味について考えた

2019年4月から時間外労働について厳しくなった。 連続で平均時間外労働80時間以内は年に6ヶ月まで、100時間超えは許されない、とか。 これらの就業制限を暴論だ、日本経済を停滞させようとする悪法だ、などと批判する人はいるだろう。 だが、ちょっと待って…

税は財源ではなく、物価調整の役割

中野剛志さんの「奇跡の経済教室 基礎知識編」を読んでいる。 税は、財源確保の手段ではなく、物価調整の手段だ とある。いかにマスコミの報道や政府の政策がデタラメかがわかった。 税って要は民間から貨幣を吸い上げることだ。 インフレが過熱して物価が上…

借金が出来るのは借り手の返済能力があるから

中野剛志さんの「奇跡の経済教室 基礎知識編」を読んでいる。 正直、目からうろこがたくさん落ちている。 銀行は民間から集めた預金を貸し出しているのではない。貸し出しを行うことで預金を生み、支払いに応じて発生した穴を埋めて運転をスムーズにするため…

貨幣とは、負債の一形式である

中野剛志さんの「奇跡の経済教室 基礎知識編」を読んでいる。 貨幣について定義をよく知らない人が多い。イングランド銀行の季刊誌がそれについて記載していた。 「貨幣とは、負債の一形式である」 貨幣の存在理由は、それ自体が価値のある商品貨幣論ではな…

西欧での移民の正体

「西洋の自死」を読み切った。 西欧に来る移民の正体がわかった。 祖国の政治的に困って来る、正当な移民はとても少ない。 ほとんどは、移民として移った方が自国より経済的に、福祉的に恵まれているから来る人々だ。 北アフリカや中東から彼らは来るが、そ…

移民対策の誤り〜外科的に問題解決することは不可〜

以前私は「移民が移民として出立する国の問題を解決すればよい」と考えた。 『西洋の自死』を読み進めているとそれは脱線だとあった。 よくよく考えるとその通りだ。 欧州が出来ることは欧州の権限内のことだ。 それが出来ると考える人は、まずエリトリアの…

ヨーロッパ人はもしかしてアホなのかもしれない

ヨーロッパ人はもしかしてアホなのかもしれない。 私は「西洋の自死」を読んでいる。そこにも欧州人は主要な問題解決ではなく、その枝葉にばかり目が向かっているともあった。 3つ例を挙げる。移民問題とプラスチック、温室効果ガス排出規制。 移民をたくさ…

みんなが合理的な行動をすることで生じるマイナス〜合成の誤謬〜

中野剛志さんの「目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室」を読み始めた。 「合成の誤謬」という現象を知った。一人一人が合理的な行動を取ることで、結果として全体で見るとマイナスに働くこと。 例えば、給料が減少するデフレ下において消費者一人一人が節約…

副業禁止な理由は仕事を優先的に回しかねないからか

私が今勤めている会社は社内規定に副業禁止と書かれている。実際にそれを行なっている人がいるかまでは当方はわからない。 弊社がなぜそれを規定しているかについて考えた。 自分が仕事を発注または購買の権限を持っていると仮定する。 その会社に所属したま…

原罪を断ち切る方法がキリストを信じることという荒唐無稽さ

本「西洋の自死」に「原罪」という言葉が出てきた。 それについてググった。 Wikipediaにはアダムとイブが犯した罪とあった。なんだ、彼らが犯した罪なだけで現代の我々には関係ないじゃんと思った。 他に調べた。原罪って、なに? | 聖書入門.comには、原罪…

「鬼滅の刃」は男強さだけでなく国家観も体現している。例えば北朝鮮や韓国、中国に対しても

Amazonプライムビデオで「鬼滅の刃」を観ている。 1話目の始めを観たときは興味をそそるものが薄かった。 ところが、その回の最後のシーンに目を奪われた。 主人公は鬼と化した妹に襲われる。なぜ妹が鬼になってしまったのかは不明。鬼を殺す団体の一人がそ…

イスラム教の移民はヤバイ

「西洋の自死」を読んでいる。 イスラム教の移民はヤバイ。 彼らが問題を起こすことについて批判すると、本人やその関係者が殺されてしまう。イスラム教を侮辱した、指導者が指示した等の理由で。 彼らは宗教的習慣を移民先でも実施する。 女性軽視からレイ…

格安SIM利用者はドコモの新料金プランに乗り換えない方がよいと考えた

ドコモが新料金プランを発表した。 格安SIM利用者は乗り換えた方が得か計算してみた。 結論からして、私用で電話をたくさん使う人なら乗り換えた方がよい。そうでないならそのままでよい。 ドコモが新料金プランを発表した。料金体系が明確で分かりやすい。…

移民の同化は難しい

「西洋の自死」を読んでいる。 移民の同化は難しいと分かった。 予想外れなことは、彼らが入国すればその国に溶け込むためにそこのルールやマナーに従うことだ。 彼らがそこで何か犯罪を起こしても、政治家や警察、メディアらはそれを隠そうとする。 人種差…

#こんまり 流片付けは断捨離の上位互換

NHKスペシャルでこんまり(近藤麻理恵)さんの片付け方法を紹介していた。3人の依頼者を弟子のコンサルタントが指導するドキュメントだった。所々にそのメソッドを示していた。 これらを観てこんまり流は断捨離の上位互換だと思った。 以前、断捨離が流行った…

#ポツンと一軒家 が人気な理由について考えた

私の母は日曜日の20時からNHKの大河ドラマを観ていた。今シーズンの「いだてん」は観ていてつまらないと言っている。その代わりテレビ朝日の「ポツンと一軒家」を観ている。本人はそれが楽しいと言っている。 なんで母はそれを楽しいと感じているのかその番…

#KAZUYA さんの動画が人気な理由について考えた

いわゆる保守YouTuber、KAZUYAさんの動画が人気な理由について考えた。 チャンネル登録をして動画を見てて気付いたことがある。 サヨクな朝日新聞やネットニュースを取り上げ 文字起こしし 読み上げ コメントを言う それらをほぼ毎日行い、動画を作成しYouTu…

保守の内部分裂?ではない

YouTuberのKAZAYAさんが青山繁晴さんとおぼしき相手に苦言を呈する動画をYouTube投稿した。 私は彼の2本目の動画を見て気付き、インターネットで調べた。内容は冒頭のことだった。 ネットで個人ブログやtwitterなどを調べると、ファンが相手を批判したり、保…